昨日お見えいただいたお客さまのお話をさせてくださいね。

女性2名でご来店いただいたのですが、そのうちのお一方は前にもお見えになった方でした。
上タン塩、カイノミ、ミスジ、トモバラ、ザブトン、ホルモンとお肉をご注文されて、

「マスター、めちゃくちゃ美味しいです。大満足!
色々な焼肉屋さんに行っているんですけど、今までで鳥吉さんが一番です!
なんといっても肉に甘みがあって本当に美味しい!
○○○よりも美味しいですよ!」
(○○○は焼肉屋さんの屋号ですが、ご想像でお楽しみください!)

○○○より美味しいなんて言っていただきめちゃくちゃ嬉しいです。
こころばかりのサービスで韓国風イカの塩辛をお出ししたところ、これも美味しいといっていただき、少ししか残っていないのに持って帰りたいとおっしゃったのでお包みしました。
(もっと量があればよかったのに少しだけしかお出しできずにすみませんでした。)

「美味しい!」

この言葉って、魔法の言葉だと思いませんか?
この言葉をいただけると元気が出ます。この言葉が、なにより一番嬉しいです。

家庭料理もそうですが、食べてくれる人がいるから頑張って料理をする。
私の場合、自分ひとりだけなら適当なもので済ませてしまいますから。
お客さまに「美味しい!」といっていただけるよう、これからも頑張ろうと決意を新たにした出来事でもありました。

さて仕込みをはじめますか。
今日も橋本五差路 焼肉鳥吉をどうぞよろしくお願いいたします。