昨日お見えになりましたお客様から、

「屋号が鳥吉(とりよし)ですけど、ここは焼き鳥がメインなんですか?それとも焼肉?」

と聞かれました。
じつはよく聞かれるんです。

ということで、今日は屋号について書くことにしますね。
もともとの前身は、母方の曽祖父が食べ物屋さんを始めたことからスタートしました。

なにをメインに飲食店を開いたかというと「鳥料理」だったんですね。
焼き鳥、鳥のから揚げなど、鳥をメインにした料理屋を始めたそうです。

しかし物が少なく食べ物も貴重な時代、いまは鶏肉は安く手に入りますがその時代ではやはり贅沢なご馳走。
お客さんがぜんぜん入らず、敢え無く閉店となったのです。

その後焼肉屋に転身し再スタート。
これがうまくいったのです。

もともとの本店は相模原市中央区の「西門商店街」にありましたが、のれんわけという形でここ相模原市緑区橋本・橋本五差路にお店を構えるようになったのです。

あっ、肝心の屋号についてまだ書いていませんでしたね。

それは・・・

曽祖父の名前が「吉見」さんだったのです。
鳥料理の吉見さん。
ここから「鳥吉」となったのです。

よく考えると、やっぱり焼肉屋さんで「鳥」はめずらしいのかな。めずらしいですよね。
けれど屋号を変える気持ちはありません!
これからもここ橋本五差路の焼肉なら鳥吉!といっていただけるよう頑張っていきます!

これから仕入れと仕込みのスタート。
本日のご来店おまちしております!